検索結果

38件のアーカイブスが見つかりました。

条件:高知県 大月町

年代順で並び替える : |

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震により田地50余万町が海中に没したという。浦戸を中心とする地域らしい。 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武13年(684)10月14日、大地震が起こった。日本書紀によれば、「山崩河濡、諸国郡官舎、及百姓倉屋、寺塔、神社、破壊之類、不可勝数」、「土佐国、田苑五十余万頃沿為海」とある。 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、大地震。 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、大地震が発生した。土佐国では、崎浜で50人溺死、西寺、東寺の麓では400人、甲浦では350人溺死と、谷陵記に記録されている。地震後の津波による被害も甚大であったようである。 続きを読む

寛文2年の古満目火災

寛文2年(1662)、古満目で火災が発生し、集落は全焼。その時に足摺山僧海栄法印を招いて、火除けの祈願をした。その行事の中で、若者に「水浴びせ」をしたことが現在まで引き継がれている。昔は旧正月に行われていたが、今では新春の2日に行われている。 続きを読む

寛文元年の地震

寛文元年(1661)11月19日、大地震。 続きを読む

元禄9年の大火

元禄9年(1696)9月20日、柏島で大火、126戸焼く。(「高知県歴史年表」、「大内町史」による) 続きを読む

元禄9年の火災

元禄9年(1696)9月24日、柏島で大火により、126戸が焼失。(「大内町史」による) 続きを読む

元禄9年の火災

元禄9年(1696)9月24日、柏島で火災が発生し、126戸が全焼。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.4の大地震が発生し、小才角は亡所となった。(亡所とは全滅という意味) 続きを読む

1 2 3 4