検索結果

9件のアーカイブスが見つかりました。

条件:高知県 東洋町 地震・津波

年代順で並び替える : |

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前3時30分頃、地震が起こり、津波が襲来した。最初の1、2回は1丈余の高さの大波で、その後5、6回襲来した。町並は皆軒まで、低い家は天井近くまで波が打ち込み、柱だけを残して戸障子、家財全部を流された者が多かった。この津波では... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日、5日に地震が発生し、その後翌年1月まで余震が続いた。野根浦大庄屋安岡家に伝わる「嘉永七年十一月四日寅大変日記覚」には、11月4日から翌年1月2日までの地震・津波の様子、他村の模様、損害高などが記されている。これによると、11月4... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日朝五ツ半時、大地震が半時ばかり甚だしく、甲浦の港では小船等を打ち上げたが、人家の庭まで来ずに引き潮になった。また、翌5日七ツ半時、大地震が来て前日より10倍も強かった。沖から二丈ほどの大潮が押し来たったので、人々は山に逃げ上る... 続きを読む

文化5年の地震

文化5年(1808)12月4日、紀伊半島沖でM7.6の地震、東洋町で震度3、津波高1mと推定。 続きを読む

寛政元年の地震

寛政元年(1789)4月16日夜9ツ時、大地震により、土壁や石垣など所々崩れた。(「北川文書」による)この時、近畿、四国、瀬戸内に広く被害あり。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、東海南海道沖大地震により、五畿七道に大被害。津波により甲浦港の漁船が舟越に打ち上がり、港の御殿橋が流失した。白浜はほとんど流失、河内は3分の1程度が流失、生見や野根は被害がなかった。宍喰はほとんど流失し、死者11人、海部灘沿岸も... 続きを読む

寛文11年の地震

寛文11年(1671)1月18日、土佐、伊予に強い地震あり。甲浦に小津波あり。/史料掲載:「寛文十一年日記」 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、大地震が起こった。津波による死者は甲浦で350人余、佐喜浜で50人余、宍喰で1,500人余、室戸周辺で400人余などとなった。地震記録として、佐喜浜大日寺の「暁印置文」、宍喰円頓寺の「円頓寺旧記」がある。 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、地震、津波が起こり、佐喜浜村で50人、西寺、東寺(津呂、室津方面)で400人、甲浦で350余人、阿波宍喰で3,806人の溺死者を出したとの記録がある。 続きを読む