検索結果

772件のアーカイブスが見つかりました。

条件:徳島県 吉野川流域 風水害

年代順で並び替える : |

昭和54年の台風

昭和54年(1979)、台風により、吉野川で洪水があったが、被害は上流無堤地区と下流内水地区での氾濫及び河道災害が主であった。 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日~13日の台風17号により、総雨量は長沢で1,885ミリm、大北で1,659ミリ、早明浦で1,730ミリ、柳瀬で1,255ミリ、剣山で1,837ミリ、丸笹で1,607ミリに達した。ピーク流量は池田で10,600立米/秒、岩津で11... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月12日、台風17号により、池田では12日24時に警戒水位7.5mを突破し、それ以降13時間警戒水位を超え、13日13時にピーク水位8.41mを記録した。被害総額は水害統計史上最大の大被害となる。池田で洪水流量10,620立米/秒。(「... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月12日、台風17号により、岩津の流量11,500立米/秒。上流無堤地区、下流内水地区で氾濫による被害甚大。洪水期間長く、河道災害大。(「吉野川ーその治水と利水」による) 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月12日、台風17号による、被害は床上浸水3,880戸、床下浸水25,713戸、全壊・流失家屋109戸に及んだ(旧吉野川は浸水面積6,186ha、床下浸水1,503戸)。岩津上流流域平均2日雨量は578ミリ、岩津最大流量(推定)は約11... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月12日、台風17号により、吉野川上流域と剣山周辺を中心に、総雨量が1,000ミリを超える観測史上最大のものとなった。基準地点岩津の最大流量は11,449立米/秒にすぎなかったが、岩津上流部の無堤地区の氾濫による被害、下流部の飯尾川、江... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月12日、台風17号により、浸水面積12,704ha、床上浸水3,880戸、床下浸水25,713戸。(吉野川の主な洪水の歴史による)/台風17号による岩津での最大流量は11,450立米/秒であったが、洪水の期間が非常に長かったため、岩津... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日~13日、台風17号により、総雨量は長沢で1,855ミリ、大北川で1,659ミリ、早明浦で1,574ミリ、柳瀬で1,255ミリ、剣山で1,837ミリ、丸笹で1,602ミリとなり、吉野川上流域及び剣山周辺を中心に1,000ミリを超え... 続きを読む

昭和51年の洪水

昭和51年(1976)9月、吉野川で洪水。 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月、台風17号は九州に接近してから2日以上も停滞したため、吉野川上流域と剣山周辺を中心に、総雨量が1,000ミリを超える観測史上最大となった。岩津の最大雨量は11,450立米/秒にすぎなかったが、期間が異常に長かったため、岩津上流部の無... 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 78