検索結果

123件のアーカイブスが見つかりました。

条件:徳島県 上板町

年代順で並び替える : |

昭和61年1月の山火事

昭和61年(1986)1月25日23時17分頃、上板町泉谷の通称組山から出火した。その1時間後には、組山から北へ300m離れた山林からも出火した。さらに26日正午頃には泉谷川を隔てた西縁口山でも山火事が発生した。空気が乾燥していたことと、時おり吹く強い季節風に... 続きを読む

昭和57年4月の山火事

昭和57年(1982)4月10日午後2時40分頃、引野字宮ヵ谷(通称明神山)の山林より出火したが、現場が平坦部から近距離であったため大被害に至らず鎮火された。被害面積は約12haに及んだ。 続きを読む

昭和57年2月の山火事

昭和57年(1982)2月14日午後2時15分頃、泉谷浦田の山裾より出火し、松・雑木林など3haを焼失し、午後7時頃鎮火した。焚き火の不始末が原因であった。 続きを読む

昭和55年2月10日の山火事

昭和55年(1980)2月10日、上板町泉谷で山火事が発生し、21.5haが損失した。(県調べ) 続きを読む

昭和55年2月10日の山火事

昭和55年(1980)2月10日、上板町泉谷で山火事が発生し、21.5haが損失した。(県調べ) 続きを読む

昭和55年の山火事

昭和55年(1980)2月10日正午過ぎ、泉谷の通称浦山より出火し、異常乾燥発令中のことでたちまち四周に燃え広がり、約21.5haを焼失した。地元民、消防団員、町職員などの決死の消火活動により大損害には至らずに鎮火した。延焼時間は24時間、損害額は松、雑木など... 続きを読む

昭和54年の台風16号

昭和54年(1979)9月30日18時、台風16号が室戸岬の西方に上陸し、徳島、鳴門に大きな被害をもたらした。徳島県下の被害は死者1人、行方不明1人、負傷9人、家屋全壊7戸、半壊15戸、耕地の冠水3,442ha、道路損壊91箇所、農作物の被害額33億4,000... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月12日午前1時40分、長崎付近に上陸し、その後日本海に出たが、徳島県下に豪雨を降らせた。徳島での総雨量は825ミリに達し、県下の被害は死者10人、負傷9人、家屋の全壊・流失187戸、半壊103戸、床上浸水3,777戸、床下浸水16,3... 続きを読む

昭和45年3月の山火事

昭和45年(1970)3月8日11時20分頃、上板町引野の山林から出火、火は約12時間にわたって延焼を続け、約100haを焼失した。この火災で一時10数戸の民家が類焼の危機に見舞われたが、被害はなかった。この山火事は延焼面積で、県下で戦後最大の規模となった。 続きを読む

昭和45年の山火事

昭和45年(1970)3月8日、土成町高尾の山林内より出火し、約12時間にわたって引野宮ヵ谷、鶯谷などの山林約100haを延焼した。原因は中学生の火の不始末と言われた。一時、10数戸の山際に近い農家が類焼の危機に見舞われたが、幸いに被害は免れた。 続きを読む

1 2 3 4 5 6 13