検索結果

151件のアーカイブスが見つかりました。

条件:愛媛県 伊予市

年代順で並び替える : |

平成16年の台風23号

平成16年(2004)10月20日、台風23号による大雨のため、予讃線の箕浦・川之江間で築堤崩壊と土砂流入、関川・多喜浜間で土砂堆積、新居浜・中萩間で築堤崩壊、菊間・浅海間で築堤崩壊、高野川・伊予上灘間及び伊予上灘・下灘間で土砂堆積、双海・伊予石城間で土砂流入... 続きを読む

平成16年の台風10号

平成16年(2004)8月1日、台風10号により、予土線の真土~江川崎間と予讃線海回りの伊予市~伊予大洲間で土砂流入の災害が発生し、2日は終日運転を見合わせた。なお、この記念誌には災害に携わった人々の声が収録されている。 続きを読む

平成16年の豪雨

平成16年(2004)6月27日10時30分からの1時間で52ミリの豪雨が、また翌28日1時~2時に46ミリの豪雨があり、城之下地区ほか農地28箇所、農業施設23箇所、河川4箇所、道路18箇所が被害を受けた。特に城之下地区では裏の本尊山北面が中腹から筋状に崩壊... 続きを読む

平成16年6月の大雨

平成16年(2004)6月25日から27日にかけて、梅雨前線が西日本に停滞し、大雨をもたらした。この大雨で27日に予讃線の伊予長浜・伊予上灘でそれぞれ規制雨量に達し、28日2時30分頃、双海町上灘で幅30m、長さ100mにわたり山腹が崩壊、高野川~伊予上灘駅間... 続きを読む

平成13年の芸予地震

平成13年(2001)3月24日15時27分、安芸灘を震源とするM6.7の地震により、双海町では震度5弱という本町始まって以来の揺れとなった。被害は、裏山の崖崩れによる風呂場全壊1箇所、本郷・三島神社の玉垣倒壊1箇所、高野川の墓石倒壊2箇所、下浜の水道は損2箇... 続きを読む

平成10年の台風10号

平成10年(1998)10月17日21時頃、台風10号は高知県西部に再上陸し、愛媛県東部から高松市を通過し、瀬戸内海に抜けた。双海町の西満野川地域では、17日夕方より連続雨量176.5ミリ、時間雨量39.5ミリの激しい雨が降り続く中、21時頃に渓流上流部を横断... 続きを読む

平成10年の台風10号

平成10年(1998)10月17日、台風10号により131.5ミリの降雨があり、双海町の各地で水害が発生した。林道カヤマ線が崩壊して下方の岡集落の水源地が壊滅したほか、本郷簡易水道の水源地3箇所のうち2箇所は土砂で埋没し、1箇所は決壊した。町全域の被害は、農地... 続きを読む

平成6年の異常渇水

平成6年(1994)春から降雨量が少なく、7月25日から9月28日までの約2ヶ月間は雨らしい雨がなかった。さらに、7月には台風が暖かい空気を持ち込み、8月に入っても太平洋高気圧の勢力が強く、9月中旬を過ぎても連日のかんかん照りが続いた。町内の多くの水道施設では... 続きを読む

平成5年の長雨

平成5年(1993)5月29日、梅雨入り後、記録的な長雨となった。気象庁は7月29日に梅雨明けを宣言したものの、8月に入っても雨天と曇天が続き、9月1日に「今年は梅雨明けが決められない」と梅雨明け宣言を撤回するほどの異常さであった。6月から9月にかけての4ヶ月... 続きを読む

平成元年の台風22号

平成元年(1989)9月19日、台風22号により、県下で死者4人。中山の雨量は164ミリを記録し、中山町でも被害があったと思われる。 続きを読む

1 2 3 4 5 6 16