検索結果

22件のアーカイブスが見つかりました。

条件:愛媛県 伊予市(双海町) 地震・津波

年代順で並び替える : |

平成13年の芸予地震

平成13年(2001)3月24日15時27分、安芸灘を震源とするM6.7の地震により、双海町では震度5弱という本町始まって以来の揺れとなった。被害は、裏山の崖崩れによる風呂場全壊1箇所、本郷・三島神社の玉垣倒壊1箇所、高野川の墓石倒壊2箇所、下浜の水道は損2箇... 続きを読む

昭和43年の宇和島地震

昭和43年(1968)8月6日、M6.6の宇和島地震により、双海町で2,075戸が停電。 続きを読む

昭和43年の日向灘地震

昭和43年(1968)4月1日、日向灘を震源とするM7.5の地震により、負傷者3人、国鉄列車運休、道路亀裂、護岸、家屋壁ひび割れの被害が出た。 続きを読む

昭和43年の日向灘地震

昭和43年(1968)4月1日、M7.5の日向灘地震により、負傷者3人、国鉄列車運休、道路亀裂、護岸、家屋壁ひび割れの被害が出た。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、紀伊半島沖を震源とするM8.0の地震により、宇摩郡、新居郡で激しい揺れを感じた。双海地域の海岸線では40~50cm地盤沈下した。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道沖を震源とする地震により、宇摩郡、新居郡では大きく揺れた。双海町の海岸線では40~50cm地盤沈下した。 続きを読む

昭和12年の地震

昭和12年(1937)2月27日、安芸灘を震源とする地震により、松山市武徳殿のガラス破損、三津浜缶詰会社の煙突倒壊。 続きを読む

昭和12年の地震

昭和12年(1937)2月27日、安芸灘を震源とするM5.9の地震により、松山市武徳殿のガラスが破損し、三津浜缶詰会社の煙突が倒壊した。 続きを読む

昭和2年の地震

昭和2年(1927)3月7日、奥丹後若狭湾付近を震源とするM7.3の地震により、東予地方では家屋がかなり強く揺れ、屋外に飛び出す人がいるほどであった。南予地方は微震であった。 続きを読む

昭和2年の地震

昭和2年(1927)3月7日、奥丹後若狭湾付近を震源とする地震により、東予地方では家屋がかなり強く揺れ、屋外に飛び出した者もいた。南予地方は微震であった。 続きを読む

1 2 3