検索結果

34件のアーカイブスが見つかりました。

条件:愛媛県 愛南町(城辺町)

年代順で並び替える : |

昭和28年の城辺大火

昭和28年(1953)2月16日午前2時20分頃、城辺町古町の医院から出火し、隣家へ延焼した。城辺商店街の西端に発した火災は、西風にあおられ、商店街を舐め尽くす大火となった。出動した城辺・御荘・東外海3町の消防団(出動人員430人)は、やむなく破壊消防による消... 続きを読む

昭和28年の大火

昭和28年(1953)2月16日、大火で古町の47戸が焼ける。 続きを読む

昭和24年のデラ台風

昭和24年(1949)、デラ台風により、漁船の被害大。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震。 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日から18日に襲来した枕崎台風により、農作物は徹底的な打撃を受けた。海岸地区の段畑だけでなく、平坦地や谷間の水稲も収穫皆無の被害を受けた。 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月22日、僧都川の決壊により、城辺町で浸水した。写真1枚。 続きを読む

昭和18年7月の水害

昭和18年(1943)7月21日~25日、豪雨のため、南宇和郡内一帯は大被害を被った。城辺町内の僧都川で2箇所が決壊し、伊勢町、矢の町、中町、北裡から古町の全部の家屋が床上まで浸水した。流失家屋は9戸、死者は1人であった。町では応急措置として町内全戸を動員して... 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月21日から26日まで降り続いた大雨により、僧都川の堤防は2箇所崩壊し、濁流は城辺市外に流れ込んだ。民家はすべて床上浸水となった。水稲の被害も甚大であった。また、7月22日の夕方には、久良真浦の後の山が崩れ、民家6戸をつぶし、警防団員4... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、西日本を襲った干ばつでは、城辺町は被害を最小限にすることができた。 続きを読む

昭和7年の風雨

昭和7年(1932)7月1日、大豪雨のため蓮乗寺川があふれ、矢の町以西は浸水の大被害を受ける。 続きを読む

1 2 3 4