検索結果

74件のアーカイブスが見つかりました。

条件:愛媛県 東温市(重信町) 風水害

年代順で並び替える : |

平成10年の台風10号

平成10年(1998)10月17日午後4時半頃、台風10号が鹿児島県枕崎に上陸し、午後8時頃、宿毛市に再上陸して北上した。この台風のため、上村周辺では集中豪雨による大出水があった。この記録には、集中豪雨の状況や消防団員による水止め作業の様子などが具体的に記され... 続きを読む

昭和21年の台風

昭和21年(1946)7月29日、台風による洪水のため、重信川は拝志、南吉井で堤防が決壊、被害多数。 続きを読む

昭和21年の水害

昭和21年(1946)7月、水害があり、拝志・南吉井方面が大きな被害を受けた。 続きを読む

昭和21年の洪水

昭和21年(1946)7月、出水により、拝志堤防1箇所、南吉井堤防1箇所が決壊し、濁流が耕地を襲った。昭和18年、20年、21年と続く災害に、地元住民は強固な堤防の築造を中央に請願し、災害国補工事として認可され、昭和22年2月に着工した。 続きを読む

昭和21年の洪水

昭和21年(1946)7月、出水により、拝志堤防1箇所、南吉井堤防1箇所が決壊し、濁流が耕地を襲った。昭和18年、20年、21年と続く災害に、地元住民は強固な堤防の築造を中央に請願し、災害国補工事として認可され、昭和22年2月に着工した。 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日、鹿児島県阿久根に上陸した台風は、瀬戸内海を斜断して山陰沖に出た雨台風であった。松山測候所によると、10日には7日以来の総雨量が308ミリに達していた。重信川は、昭和18年7月水害により決壊した堤防の復旧中であり、復旧工事中の... 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日、鹿児島県阿久根に上陸した台風は、瀬戸内海を斜断して山陰沖に出た雨台風であった。松山測候所によると、10日には7日以来の総雨量が308ミリに達していた。重信川は、昭和18年7月水害により決壊した堤防の復旧中であり、復旧工事中の... 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日、阿久根台風により、重信川の堤防が3箇所決壊した。昭和18年の台風により決壊し、復旧中であった下林の堤防は、被害がさらに拡大して肥沃な水田も荒河原に変貌した。この水害で特に下林と上村の被害が甚大であった。 続きを読む

昭和20年の水害

昭和20年(1945)10月、水害により、主に拝志村が大被害を受けた。昭和18年及び昭和20年の水害により、重信川河口から横河原間19.2kmが県直轄河川工事区間に指定された。 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月21日~24日までの4日間、豪雨が降り続き、その雨量は松山で540ミリ、川上で800ミリに達した。この豪雨により重信川は増水し、23日午前9時に北伊予村徳丸の左側堤防が、続いて拝志以下6箇所の堤防が決壊し、濁流は拝志村、荏原村、北伊予... 続きを読む

1 2 3 4 5 6 8