検索結果

164件のアーカイブスが見つかりました。

条件:愛媛県 松山市 地震・津波

年代順で並び替える : |

平成13年の土砂災害

平成13年(2001)3月24日、芸予地震により、松山市湯山柳で高さ約10m、幅約15mにわたり崩壊した。 続きを読む

平成13年の芸予地震

平成13年(2001)3月24日15時28分、安芸灘を震源とするM6.7の芸予地震が発生した。松山の震度は5強であった。北条市(現松山市)では2人の死者が出た。 続きを読む

昭和43年の地震

昭和43年(1968)8月6日、地震(M6.6)により、停電約12万戸、負傷15名、道路損壊13箇所、山崩れ・がけ崩れ33箇所、鉄道通信施設にも被害。 続きを読む

昭和43年の日向地震

昭和43年(1968)4月1日、日向地震(M7.5)により、松山市で負傷2名、停電約42,000戸。体感余震は11回に及んだ。 続きを読む

昭和43年の日向灘地震

昭和43年(1968)4月1日朝9時42分、松山市で震度4の地震があった。銀天街のガラスのショーウインドーが割れたり、城山のリフトが停電となり、利用客が宙づりになるなど、地震になれない市民を驚かした。 続きを読む

昭和28年の地震

昭和28年(1953)7月30日、安芸灘地震。 続きを読む

昭和21年の山崩れ

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、道後で山崩れがあり、源泉が埋没した。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道地震。地盤沈下のため、海岸保全工事が必要となった。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日未明、南海沖でM.81の大地震が発生した。県下では、21日午前4時19分頃、震度4~5の地震に襲われた。この時、北条市では約60cmの地盤沈下をきたし、以後海岸保全工事の必要に迫られることになった。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、松山市の沈下量は旧市内で38cm、三津浜地区で28cmとなった。松山市では北部久万川河口地区、三津浜町地区、重信川河口地区で被害を受けた。特にキジア台風時には久万川を逆流した海水により和気町の水田約70町歩が... 続きを読む

1 2 3 4 5 6 17