検索結果

50件のアーカイブスが見つかりました。

条件:愛媛県 松山市 火災

年代順で並び替える : |

昭和49年の火災

昭和49年(1974)2月22日、火災が発生し、道後温泉の歓楽街「ネオン街」で旅館、バー、みやげ物店など10軒が全半焼した。 続きを読む

昭和40年の火災

昭和40年(1965)12月22日昼、銀天街の北端で大街道商店街と道路をはさんで連なるところの商店7軒が全半焼した。9月に各商店が資金を出し合って、四国初のカラー舗装をしたばかりだった。原因は石油ストーブへの引火で、火のまわりが早く、商品の大部分が焼失した。 続きを読む

明治25年の大火

明治25年(1892)3月15日、南八坂町より出火、50余軒焼失。(「松山叢談」による) 続きを読む

明治25年の大火

明治25年(1892)3月15日、南八坂町より出火、50余軒を焼失する大火となった。 続きを読む

明治13年の大火

明治13年(1880)11月16日、魚町三丁目より出火、類焼103軒、死傷6人。(「松山叢談」による) 続きを読む

明治13年の大火

明治13年(1880)11月16日、魚町三丁目より出火、類焼10軒、死傷6人。 続きを読む

安政5年の火災

安政5年(1858)1月14日、湊町一丁目から出火。23軒焼失する。(「池内家記」による) 続きを読む

文政11年の火災

文政11年(1828)10月12日、藤原弓之町から出火。侍屋敷50、足軽中間組家123、町家37、寺1軒焼失する。同月27日にも同町から出火、13軒を焼く。(「予松御代鑑」による) 続きを読む

文化7年の山火事

文化7年(1810)、猿川で山火事。(「一番日記呼出」による) 続きを読む

寛政6年の火災

寛政6年(1794)、才ノ原で火災、15軒被害。(「一番日記呼出」による) 続きを読む

1 2 3 4 5