検索結果

140件のアーカイブスが見つかりました。

条件:高知県 中土佐町

年代順で並び替える : |

昭和62年の山火事

昭和62年(1987)2月15日午前9時30分頃、中土佐町上ノ加江のセキウラ山で火災が発生した。久礼町内から遠く水利がないため、窪川消防署に応援を要請し、放水したが、雑木及びシダ類が多い山林であるため火勢が衰えず、完全に鎮火するまでに時間がかかり、完全に鎮火し... 続きを読む

昭和56年の土砂災害

昭和56年(1981)6月6日、国道56号の久礼坂で大崩壊があり、土砂1万立米により全面通行止め。 続きを読む

昭和56年の土砂災害

昭和56年(1981)6月6日、国道56号の久礼坂で大崩壊があり、全面通行止めとなった(土砂1万立米)。 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月17日、台風5号により、中土佐町で床上浸水2戸、笹場大銀杏3本のうち1本が根本から倒壊。(「中土佐町史」による) 続きを読む

昭和49年の台風16号

昭和49年(1974)9月1日午前6時20分、台風16号が中土佐町に上陸。中土佐町の被害は全壊5戸、半壊36戸、床上浸水94戸、床下浸水243世帯、被害額2,170万円で、災害救助法の適用を受けた。(「中土佐町史」による) 続きを読む

昭和46年の台風23号

昭和46年(1971)8月30日、台風23号により、四万十川氾濫。(「大野見村史」による) 続きを読む

昭和46年の台風23号

昭和46年(1971)8月30日、台風23号により、四万十川が氾濫し、本村喜田部落の一部で床下浸水、被害総額8,000万円。(「大野見村史」による) 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号が佐賀町に上陸、午前7時~9時が最も猛烈となり、八幡前の堤防決壊、海水が西町から札場へ浸水、和田川が満水となり札場、中島町はほとんど床上浸水、町内全壊37戸、半壊83戸、床上浸水159戸、床下浸水406戸、軽傷3人。... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日午前8時、台風10号は佐賀町付近に上陸した。午前7時から9時までが最も猛烈を極め、八幡宮前のコンクリート防波堤が決壊、人家数棟が倒壊、決壊した箇所から流れ込む潮は滝のような勢いで流れた。和田川は満水に近い状態となり、船溜まりを溢... 続きを読む

昭和43年の台風10号

昭和43年(1968)10月、長雨被害。本村では水稲の発芽続出、被害は5,900万円を超える。(「中土佐町史」による) 続きを読む

1 2 3 4 5 6 14