昭和20年の阿久根台風

災害年月日
1945年10月08日
市町村
徳島県三好市(山城町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和20年(1945)10月1日から降り続いた雨が、8日に豪雨となり、民家・宅地が崩壊し、引地名、国政名で地すべりのため土讃線の不通が1ヶ月余となった。吉野川、伊予川の増水により、村役場では地下室の天井まで浸水、伊予川沿岸の水田は冠水。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
近藤辰郎編「山城谷村史」(山城町、1959年)、48頁及び65-66頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
阿久根台風 豪雨 地すべり 土讃線不通 伊予川
NO.
徳島823

よく似た災害

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日の阿久根台風により、大西町では1日雨量が350ミリに達して大洪水となり、河川の氾濫、堤防道路の決壊など大被害となった... 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月13日~14日、台風12号により、軽傷1人、住家の全壊2戸、流失3戸、半潰10戸、床上浸水13戸、床下浸水47戸、非住家の被... 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日夜以来、台風20号(阿久根台風)により、北風が強く、大雨が降り続いた。午後にやや弱くなったが、依然止まず、川は増水が... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、台風により、納屋、煙草乾燥室が倒壊し、石垣の崩壊も多く、伊予川の増水により平和橋の一部が流失、相川橋も流失し、沿岸の... 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日、阿久根台風により、東予の雨量は600ミリ以上となった。(「愛媛県史概説下巻」による) 続きを読む