明治21年の地震

災害年月日
1888年07月31日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
地震・津波  
概要
明治21年(1888)7月31日、地震により、那賀郡橘村(阿南市)が津波の害を受けた。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島県警察史編さん委員会編「徳島県警察史」(徳島県警察本部、1965年)、885頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 橘村 津波
NO.
徳島1151

よく似た災害

享保2年の干ばつ

享保2年(1717)、那賀郡が日照りの害を受けた。(「那賀の教育」による) 続きを読む

明治40年の大火

明治40年(1907)9月18日、那賀郡橘浦で大火。(「那賀郡教育誌」による) 続きを読む

享保2年の干ばつ

享保2年(1717)、那賀郡日照りの害を受ける。 続きを読む

宝永2年の地震

宝永2年(1705)、那賀郡で大地震、津波あり。(「那賀郡教育史」による) 続きを読む

明治38年の地震

明治38年(1905)6月3日、強震。(「徳島県史」による)(ただし、半田町では地震により大きな被害を受けたという記録はない。) 続きを読む