昭和14年の干ばつ

災害年月日
1939年05月00日
市町村
徳島県
災害種類
渇水  
概要
昭和14年(1939)5月から9月にかけて、干ばつ。幸い徳島県は吉野川その他の水量豊富な河川があるので、他県に比べ水稲は佳作を示し、陸作物の甘藷では多少の低下を来した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県災異誌」(徳島県史編さん委員会、1962年)、53頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
徳島1239

よく似た災害

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)5月から9月にかけて、干ばつ。幸い徳島県は吉野川その他の水量豊富な河川があるので、他県に比べ水稲は佳作を示し、陸作物の甘藷では多... 続きを読む

昭和37年の干ばつ

昭和37年(1962)夏、干ばつにより、山間部の水稲は7割5分、陸稲は全面積に被害があり、野菜は全面積の55%、みかんは69%、園芸作物は92%、その... 続きを読む

昭和58年の干ばつ

昭和58年(1983)7月21日から9月27日に台風10号による30ミリの降雨を見るまで、およそ2か月間干天が続き、あらゆる農作物の生育が遅れ、品質が... 続きを読む

昭和10年の洪水

昭和10年(1935)9月、肱川の洪水により、大洲の量水標の水位は15.5mとなり、過去の記録に比べて著しいものではなかったのに、肱川中下流の低地は泥... 続きを読む

大正15年の干ばつ

大正15年(1926)7月下旬から8月14日まで、雨日数は3日位で、引き続き月内の雨量少なく干ばつ傾向を示した。高知の月雨量は83ミリ、その反面高温で... 続きを読む