明治27年の干ばつ

災害年月日
1894年04月00日
市町村
徳島県徳島県
災害種類
渇水  
概要
明治27年(1894)、県下一円で大干ばつに見舞われ、旧3月7日以来、8月14日まで150日間降雨がなく、水田の多くが枯死した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県史 第5巻」(徳島県、1966年)、570頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
徳島1479

よく似た災害

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)旧暦の3月7日から8月14日まで約160日間降雨がなく、県下の水田の多くは枯死した。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)6月23日から8月15日まで雨がなく、井水は涸れ、稲が枯死して収穫皆無の田地ができた。 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)4月26日小雨の後、9月7日まで135日間降雨らしきものがなく、用水が枯渇し、飲料水にも事欠き、各所で井戸掘りかんがいや土瓶での... 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)、50日間雨が降らず、多くの水稲が枯死した。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)、干ばつにより、50日間雨が降らず、村の穀倉地帯の水田は亀裂を生じ、水稲の3割が枯死した。 続きを読む