昭和12年の洪水

災害年月日
1937年00月00日
市町村
愛媛県四国中央市(川之江市)
災害種類
風水害  
概要
昭和12年(1937)、洪水により、古町、新町、農人町等の金生川堤防が決壊し、山下町、鉄砲町、新町等は堤防上を越えた浸水に見舞われて多大の被害を受けた。大正元年に次ぐ大洪水であった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川之江市誌編さん会編「川之江市誌」(川之江市、1984年)、579頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 金生川 堤防決壊
NO.
愛媛2003

よく似た災害

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月、重信川では既往最大の洪水に見舞われ、破堤・溢水8箇所、家屋の浸水約12,500戸などの被害を受けた。 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)、洪水により徳島平野全域が大洪水に見舞われた。 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)、大洪水により、土器川の沿川一帯が激甚な災害に見舞われた。 続きを読む

天保5年の洪水

天保5年(1834)、大洪水に見舞われ、困窮、飢饉が続いた。 続きを読む

安政4年の洪水

安政4年(1857)7月1日、大洪水により勝浦川上流の各村は大きな被害を受けた。田野々村では、居宅・納屋の全壊8棟、半壊30棟、稲の被害3割、山畑5割... 続きを読む