明治32年の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
愛媛県四国中央市(土居町)
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)8月28日の暴風雨は、関川、西谷川、浦山川などの堤防を流し、田畑、家屋を損壊し流失させた。この暴風雨災害は「銅山時化」と呼ばれる。それは、銅山川の出水が別子銅山を襲い、512人という死者を出す大惨事が起こったためである。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土居町教育委員会編「土居町誌」(土居町、1984年)、141-143頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 関川 堤防決壊 銅山時化 死者
NO.
愛媛2055

よく似た災害

明治32年の台風

明治32年(1899)7月8日、9日の暴風雨(雨量362ミリ、風速22.1m)、8月28日の暴風雨(雨量122ミリ、風速32m)、9月8日の暴風雨(雨... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日~29日、暴風雨のため被害多し。別子銅山の死者512人、負傷者26人。(「新居郡誌」等による) 続きを読む

元禄6年の風雨

image

元禄6年(1693)6月21日、大風雨により、別子銅山では蔵13箇所、坑夫小屋200余軒が吹き潰されるという被害を受けた。 続きを読む

明治19年の台風

image

明治19年(1886)には、8月20日~21日、9月10日、17日、24日と4回の台風が来襲し、物部川の出水がひどく、山田堰の被害も大きかったというが... 続きを読む

明治32年の台風

image

明治32年(1899)8月28日、別子銅山で大水害が発生し、死者は513人に達した。この稿には、別子銅山殉職者追悼法要の様子と大水害の概要が示されてい... 続きを読む