寛政11年の台風

災害年月日
1799年00月00日
市町村
愛媛県西条市
災害種類
風水害  
概要
寛政11年(1799)、暴風雨により稲作、人家、樹木の損害多大。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
久門範政編「西條市誌」(西条市、1966年)、1059頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
愛媛2135

よく似た災害

寛政11年の風雨

寛政11年(1799)8月18日、19日、暴風雨、損毛5万2千石。(「伊予風水害小史(宇和島覚書)」による)/8月、大風雨、稲作・人家・樹木の損害多し... 続きを読む

寛政11年の台風

寛政11年(1799)8月18日、19日、暴風雨、損毛5万2千石。翌年、山奥野村2組へ救助米2,826俵交付せらる。(「宇和島御記録」による)/8月、... 続きを読む

寛政11年の台風

寛政11年(1799)8月18日~19日、暴風雨により、損耗52,000石。(「宇和島藩記録」等による) 続きを読む

寛政11年の台風

寛政11年(1799)8月18日~19日、暴風雨により、損耗52,000石。(「伊予風水害小史(宇和島覚書)」による) 続きを読む

寛政13年の風雨

寛政13年(1801)8月19日、大風雨により、損毛20,759石。(「記抜」による)吉田領の損毛4,502石余。 続きを読む