正保4年の大火

災害年月日
1647年10月30日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
火災  
概要
正保4年(1647)10月3日、壬生川村で大火があり、全戸数の約6割の家屋が焼失した。この時、鷺森神社の御宝物、鷺森城の一の木戸、二の門が焼失した。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
参考文献
壬生川郷土史研究委員会編「壬生川郷土史」(壬生川郷土史研究委員会、2009年)、70頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大火 鷺森神社 鷺森城
NO.
愛媛2182

よく似た災害

正保4年の大火

image

正保4年(1647)、壬生川村で大火があり、全戸数の6割が焼失し、鷺守神社の足利尊氏献上の太刀・鎧・朱印状や鷺森城の一の木戸、二の門も焼失したと言い伝... 続きを読む

天明5年の大火

天明5年(1785)正月、宮野下でまた火を失し、町の大半が焼失した。 続きを読む

天明5年の大火

天明5年(1785)正月、宮野下でまた火を失し、町の大半が焼失した。 続きを読む

享保12年の大火

享保12年(1727)2月1日~2日、大火で3,000戸が焼失した。 続きを読む

延享3年の大火

延享3年(1746)12月6日、大火で2,600戸が焼失した。 続きを読む