昭和34年の伊勢湾台風

災害年月日
1959年09月25日
市町村
愛媛県西条市(小松町)
災害種類
風水害  
概要
昭和34年(1959)9月25日、伊勢湾台風により、県下で浸水1,050戸、予讃線川之江~西条間不通、14人生き埋め、2児死亡。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松町誌編さん委員会編「小松町誌」(小松町、1992年)、65頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
伊勢湾台風 鉄道不通 死者
NO.
愛媛2357

よく似た災害

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月25日、台風15号(伊勢湾台風)により、県下で浸水1,050戸、予讃線の川之江~伊予西条間普通、14人生き埋め、2児死亡。(... 続きを読む

昭和47年の繁藤災害

image

昭和47年(1972)7月5日、土佐山田町繁藤で集中豪雨により山崩れが発生し、救援作業中の消防団員ら60人が生き埋めの惨事となった。崩土量10万立米、... 続きを読む

昭和42年7月の集中豪雨

昭和42年(1967)7月9日、集中豪雨があり、山崩れで岡村では12人が生き埋めとなり、うち6人が死亡した。また、大下でも3人の死者を出した。 続きを読む

昭和41年の台風21号

昭和41年(1966)9月18日、台風21号。大雨、北新町床上浸水30戸、予讃線一時不通。 続きを読む

昭和38年4月23日の大雨

昭和38年(1963)4月23日、低気圧が四箇沖を通過したため、県南は大雨となり、宍喰で131ミリの降雨があった。23日8時頃、木沢村で山崩れがあり、... 続きを読む