昭和38年の台風9号

災害年月日
1963年08月09日
市町村
愛媛県久万高原町(柳谷村)
災害種類
風水害  
概要
昭和38年(1963)8月9日、台風9号により行方不明1名、龍宮橋流失。特に高野本川の氾濫により未曾有の災害となり、激甚災害の適用を受けた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
柳谷村誌編集委員会編「柳谷村誌」(柳谷村、1984年)、819頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 行方不明 龍宮橋流失 高野本川 激甚災害
NO.
愛媛2436

よく似た災害

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号により未曾有の豪雨に見舞われ、豊田川流域では大災害を受けた。(双海町奥東の災害復旧碑の碑文による) 続きを読む

昭和47年の集中豪雨

昭和47年(1972)9月8日、大西町や玉川町などを襲った局地的集中豪雨は、1日雨量が200ミリに達し、山崩れやがけ崩れが多発し、河川の氾濫や堤防決壊... 続きを読む

昭和29年の台風5号

昭和29年(1954)8月18日~19日、台風5号により、本村は災害救助法の適用を受けた。 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月22日~24日、台風6号が徳島県の東岸を北上、神戸市西方に上陸、最終は北海道東部をかすめて太平洋に抜けた。川島町は未曾有の甚... 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)6月、長雨による農作物の被害は甚大であった。天災融資法の適用を受けた。 続きを読む