大正7年の台風

災害年月日
1918年07月10日
市町村
愛媛県西条市(丹原町)
災害種類
風水害  
概要
大正7年(1918)7月10日ほか2回の暴風雨により、中山川、関屋川、高松川で出水し、決壊被害が大であった。田約2町5反、畑1町2反荒廃し、免租地とした。(「田野村誌」等による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
丹原町誌編さん委員会編「丹原町誌」(丹原町、1991年)、46頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 中山川 関屋川 高松川
NO.
愛媛2495

よく似た災害

大正13年の干ばつ

大正13年(1924)、旱害が甚大で、田野村では7月10日で植え付けが済んでいない田が3町2反あった。(「田野村誌」等による) 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日、ルース台風により家屋、水稲、果樹等の被害が甚大であった。(「田野村誌」等による) 続きを読む

昭和25年のキジア台風

昭和25年(1950)9月13日、キジア台風により各河川が増大し、稲作被害が甚大であった。(「田野村誌」等による) 続きを読む

大正3年の桜島噴火

大正3年(1914)1月12日、桜島大爆発により当地方に多量の降灰があった。(「田野村誌」等による) 続きを読む

万延元年の台風

万延元年(1860)、多雨のため麦は大不作であった。7月、暴風雨。(「田野村誌」等による) 続きを読む