大正7年9月の洪水

災害年月日
1918年09月14日
市町村
愛媛県西条市(丹原町)
災害種類
風水害  
概要
大正7年(1918)9月14日、石経関の土手約75間が決壊した。土砂埋没の畑約2町歩、浸水家屋13戸。(「田野村誌」等による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
丹原町誌編さん委員会編「丹原町誌」(丹原町、1991年)、46頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 石経 堤防決壊
NO.
愛媛2496

よく似た災害

大正7年9月の洪水

大正7年(1918)9月24日、石経関の土手約75間破壊、土砂埋没の畑約2町歩、浸水家屋13戸、危機迫り警備、鞍瀬川2度の出水、明河小学校の校舎3尺、... 続きを読む

大正10年の洪水

大正10年(1921)、横ガイキの水刎が流失し、畑約3反歩が埋没した。(「田野村誌」等による) 続きを読む

明治32年8月15日の台風

明治32年(1899)8月15日午後3時頃より、暴風雨のため吉野川の出水と別宮川の増水が甚だしくなり、北新居村の名田堤防、仮堰25間余を破壊した。徳命... 続きを読む

大正4年の洪水

大正4年(1915)10月8日、高松の長瘤という堤防が流失し、畑の土砂入り1町2反歩、午後さらに同所で70間が流失し、畑の埋没・土砂入り役2丁3反歩、... 続きを読む

大正7年の洪水

大正7年(1918)、鞍瀬川が2度にわたり出水し、明河小学校の校舎が3尺浸水し、大きく傾斜した。(「田野村誌」等による) 続きを読む