昭和43年の豪雪

災害年月日
1968年02月15日
市町村
愛媛県今治市(玉川町)
災害種類
雪害  
概要
昭和43年(1968)2月15日午後2時頃から猛吹雪となり、積雪量は平野部で25cm、山間部では1m以上に達した。このため、電柱の倒壊や電線の切断により、一週間以上にわたって停電し、通信が途絶するとともに、道路は全線交通不能となった。学校等では臨時休校が相次いだ。農林業関係では、野菜ハウスの倒壊やみかん樹体等の折損、杉や檜の樹幹さく裂・倒伏など、特に森林被害は大きかった。被害総額は39億1,640万円に達し、林産関係の被害が99.8%を占めた。被害農林家に天災融資法が適用された。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
玉川町誌編纂委員会編「玉川町誌」(玉川町、1984年)、818-819頁及び833頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪 天災融資法
NO.
愛媛2687

よく似た災害

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月22日~23日、台風6号に伴う集中豪雨により、降雨量は226ミリに達し、浜町、西浜、東浜などの海岸部や低地部では浸水か家屋が... 続きを読む

昭和61年の豪雪

昭和61年(1986)1月5日、一夜で積雪75cmに達し、昭和38年以来の豪雪となった。 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日昼過ぎから降り始めた雨は13日まで6日間降り続き、降雨量は1年分にも匹敵する1,090ミリに達した。被害は町内全域にわた... 続きを読む

昭和43年の豪雪

昭和43年(1968)2月15日、県下一帯に豪雪があり、諸車運行停止、学校・官庁早退、停電、断水となった。積雪は平野部で25cm、山間部で80cmに及... 続きを読む

昭和9年3月の暴風

昭和9年(1934)3月20日夜から21日にかけて日本海で発達した低気圧は、22日朝樺太南東海上に達した時には704ミリとなり、暴風猛烈を極めた。徳島... 続きを読む