大正15年の洪水

災害年月日
1926年07月07日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
風水害  
概要
大正15年(1926)7月6日午前10時からの24時間雨量は240ミリに達し、7日洪水が発生した。市内平坦部で浸水しなかったのは日吉、蔵敷の一部に過ぎず、寺町、室屋町、北新町、慶応町、別宮方面は浸水が最も甚だしく、波止浜街道浅川橋より警察署の間は渡船で連絡するに至った。また、駅と別宮踏切間の鉄道辺及避病舎前浅川堤防が決壊した。市内被害箇所は56箇所を数え、復旧費市費2,990円を要した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
日浅繁一郎編「今治市誌」(今治市、1943年)、983-984頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 浅川 堤防決壊
NO.
愛媛2755

よく似た災害

大正15年の洪水

大正15年(1926)7月7日、洪水。1日の雨量240ミリ、寺町、室屋町、北新町、慶応町、別宮方面浸水(別宮、今治校区被害大)、浅川堤決壊。 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)7月22、23日頃から8月末に至る約40日間、酷暑大旱にして驟雨なく、比較的用水豊富な市内の田んぼも亀裂が生じ、遂に灰白色となり、... 続きを読む

昭和5年の干ばつ

昭和5年(1930)、降雨量が少なく、飲料水が欠乏し、安田名は三樫尾谷より竹百束以上の筧により取水するに至った。しかし、稲作、煙草作は大豊作であった。... 続きを読む

明治21年の洪水

image

明治21年(1888)、洪水により、西覚円の堤防300間が決壊した。吉野川の防御工事の必要性について議論百出したが、結果として国庫により着工したばかり... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月22日~23日、別宮川の堤防が2箇所で決壊した。死者8人、負傷2人、流失崩壊の住家28棟、浸水の住家810棟、流失崩壊の非住家... 続きを読む