明治19年の台風

災害年月日
1886年08月21日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)8月21日及び9月10日、大暴風雨。蒼社川からの流木で片原町方面人家を破壊、近見村も全沿岸大被害、県費で波除石垣築造。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
今治市誌編さん委員会編「新 今治市誌」(今治市、1974年)、41頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 蒼社川 片原町
NO.
愛媛2775

よく似た災害

明治19年の台風

明治19年(1886)8月21日及び9月10日に暴風雨があり、海岸方面の損害が甚だしかった。この時には、蒼社川より流出した流木が片原町海岸に突入し、人... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日午後9時から26日午前4時にかけて、台風による暴風のため、人家の破壊5軒、半倒2軒、建物の破壊1棟、樹木損害25本、ま... 続きを読む

明治34年の火災

明治34年(1901)2月11日、元で人家5戸ほか10数棟全焼、人家を壊し火道を切って消火。 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)秋、暴風雨のため、人家が破壊され、農作物に被害があった。 続きを読む

享保14年の台風

享保14年(1729)9月14日、暴風雨が民家を破り、流木のため諸作の損害甚大。多ノ郷より押岡までの汐留堤切れる。須崎御大師尊像、堂とも流失、地蔵も流... 続きを読む