昭和24年のデラ台風

災害年月日
1949年06月20日
市町村
愛媛県今治市(宮窪町)
災害種類
風水害  
概要
昭和24年(1949)6月20日午後10時30分頃、デラ台風が薩摩半島南端に上陸し、九州、四国は大暴風となり、県下では海上、沿岸で被害が続出した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宮窪町誌編集委員会編「宮窪町誌」(宮窪町、1994年)、599頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
デラ台風
NO.
愛媛3220

よく似た災害

昭和24年のデラ台風

昭和24年(1949)6月20日午後10時30分、デラ台風が薩摩半島の南端に上陸し、九州を北上して玄界灘から日本海に抜けた。愛媛県では海上及び沿岸で被... 続きを読む

昭和24年のデラ台風

昭和24年(1949)6月21日、デラ台風により、四国は大暴風に見舞われた。愛媛県の総降水量は100~200ミリ程度であったが、風力が強く、海上及び沿... 続きを読む

昭和24年のデラ台風

昭和24年(1949)6月21日、台風2号(デラ台風)により、日本海側と北海道を除いて広範囲に被害が出た。県下では台風通過に伴う雨は大部分で150ミリ... 続きを読む

昭和10年9月の台風

昭和10年(1935)9月24日、台風が四国西岸を北上し、仁淀川、四万十川が増水した。雨が400ミリを超える地区が続出した。県下では死者4人を記録した... 続きを読む

昭和24年のデラ台風

昭和24年(1949)6月21日、デラ台風により、三瓶町では夜半2時頃より風雨が強くなり、出漁中の周木、長早、二及、垣生の漁船約15隻の安否が気づかわ... 続きを読む