宝永4年の風雨

災害年月日
1707年00月00日
市町村
愛媛県今治市(大三島町)
災害種類
風水害  
概要
宝永4年(1707)、大風雨で農作物の作柄に損害があったため、御公儀(松山藩)から、上島中(越智島17ヶ村)が米500俵、麦500俵の借り米をしている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大三島町誌編纂会編「大三島町誌 一般編」(大三島町、1988年)、1016頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水
NO.
愛媛3263

よく似た災害

正徳2年の風雨

正徳2年(1712)、大風雨で越智島の作柄に損害があったため、郡奉行らが来島し、見分の上、岡村・大下村ほか大三島の9ヶ村に対し、米762俵余を給付して... 続きを読む

宝永4年の風雨

宝永4年(1707)10月4日、この辺り一帯に大地震があった上に、大風雨があり、稲作に大害を与え、米の収穫がなくなったので、藩から御助米をもらった。 続きを読む

宝永3年の風雨

宝永3年(1706)6月25日、風雨。御家年代略記には「22日より雨、24、25日風雨甚大にして損毛8万余石」と記されている。南路志には「大雨、塩風夥... 続きを読む

享保3年の干ばつ

享保3年(1718)、日照り凶作のため、御公儀(松山藩)から550俵の給付があった。(「越智嶋旧記」による) 続きを読む

宝暦元年の風雨

宝暦元年(1751)6月18日、大風雨で蒼社川堤防切れる。越智郡の減収7,743石余。(「国府叢書」による) 続きを読む