明治7年の暴風

災害年月日
1874年08月21日
市町村
愛媛県今治市(大三島町)
災害種類
風水害  
概要
明治7年(1874)8月21日、朝五つ時に南よりの暴風があり、大木を折り、浦戸村や瀬戸村の石鳥居や家屋を倒すなどの被害を受けた。海上では船が損壊し、夥しい人が亡くなった。(「藤井此蔵一生記」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大三島町誌編纂会編「大三島町誌 一般編」(大三島町、1988年)、1019頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
暴風 浦戸村 瀬戸村 藤井此蔵一生記
NO.
愛媛3268

よく似た災害

万延元年の暴風・高潮

万延元年(1860)7月11日、暴風に加えて、夜7ツ時より小松新田、長原浦、米津新田等に大潮が打ち込み、稲毛が損害を受けた。(川内村の中財熊雄氏所蔵文... 続きを読む

万延元年の暴風・高潮

万延元年(1860)7月11日、暴風に加えて、夜7ツ時より小松新田、長原浦、米津新田等に大潮が打ち込み、稲毛が損害を受けた。(川内村の中財熊雄氏所蔵文... 続きを読む

昭和29年の暴風

昭和29年(1954)1月24日、暴風により、23.8m/秒を記録。沿岸地区では満潮時に高波と高潮のため、かなりの被害を受けた。(「愛媛県史」、宇和島... 続きを読む

昭和62年の台風19号

昭和62年(1987)10月16日夜半、台風19号が来襲し、畑作物や水田などに被害を受けた。特に香川県東部に集中豪雨をもたらし、新川などが決壊、東部を... 続きを読む

宝暦元年の暴風

宝暦元年(1751)6月12日、大暴風。船が大被害を受け、この時羽根の里屋は大阪通いの回船を7隻沈めたと言い伝えられている。 続きを読む