大正元年の台風

災害年月日
1912年09月22日
市町村
愛媛県松山市(北条市)
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)9月22日午前10時、松山測候所は暴風雨の警標を掲げたが、夕刻より絶え間なく降り出し、風も加わり、23日午前12時頃最も猛烈を極めた。この暴風雨により、河野村では圧死者1人、堤防破壊15箇所72間、道路損害11箇所延長145間、田地の流失1箇所、埋没1箇所、山林崩壊5箇所、橋梁破壊5箇所、粟井村では橋梁流失2箇所、粟井坂切開き道路2箇所、稲田浸水1町歩、正岡村では立岩川堤防20間余、八反地付近25間崩壊、神田立岩道路30間破損。(海南新聞による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
北条市誌編集委員会編「北条市誌」(北条市誌編纂会、1981年)、61頁及び67頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者 堤防破壊 立岩川
NO.
愛媛3384

よく似た災害

大正元年の洪水

大正元年(1912)8月24日、大暴雨により、富田村では河川が決壊し、宮川橋、爛川橋、石川橋、落合橋が落ち、富田中で堤防決壊180間、道路決壊2箇所6... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日夜、台風が土佐室戸付近に上陸、徳島県東部を通過、淡路より近畿西部に入った。佐馬地村では21日午後3時頃から23日午前5時... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月22日午後2時より大雨となり、午後11時30分より翌23日午前1時30分まで暴風雨が猛烈を極め、午前6時5分に浸水が全町に及ん... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日、50年来の暴風雨により、山田では堤防1,600間、池破損60箇所、耕地100余町、栗原橋、俊則橋、長田橋が流失。 続きを読む

大正元年の大雨

大正元年(1912)9月22日午後2時頃より大雨となり、11時半頃より翌23日午前1時半ころまで暴風猛烈を極め、午前6時過ぎ全町に浸水した。道路堤防の... 続きを読む