昭和6年の降雹

災害年月日
1931年05月28日
市町村
愛媛県松山市(北条市)
災害種類
その他(ひょう)  
概要
昭和6年(1931)5月28日午後7時20分から15分にわたって、北条をはじめ正岡、立岩、難波と浅海、河野の一部に猛烈な西風とともに約1.8cmの雹が降り、麦、果物、果菜類に約12万円の被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
北条市誌編集委員会編「北条市誌」(北条市誌編纂会、1981年)、61頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
降雹
NO.
愛媛3395

よく似た災害

昭和44年6月の降雹

昭和44年(1969)6月6日14時頃、勝浦町一帯に約2分間、直径1~2cmの雹が降り、蜜柑に小被害があった。(徳島新聞) 続きを読む

昭和44年6月の降雹

昭和44年(1969)6月6日14時頃、勝浦町一帯に約2分間、直径1~2cmの雹が降り、蜜柑に小被害があった。(徳島新聞) 続きを読む

昭和57年8月の降雹

昭和57年(1982)8月8日、積乱雲が発達して徳島県の各地で発雷した。三加茂町では、15時30分から16時にかけて激しい雷とともに直径2~3cmの雹... 続きを読む

昭和55年の降雹

昭和55年(1980)6月28日18時30分から18時50分頃まで、寒冷前線の通過に伴い、突風とともに雹が降った。水稲、桑、栗、家屋などの被害は5,5... 続きを読む

昭和50年5月の降雹

昭和50年(1975)5月26日午後1時3分から5分間、雷雨とともに4ミリから1cmのひょうが降り、うっすらと積もった。拝原、猪尻、北庄の葉タバコ17... 続きを読む