慶応元年の長雨

災害年月日
1865年00月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
その他(長雨)  
概要
慶応元年(1865)春、松山だけでなく瀬戸内海全域に長雨が続き、麦作が不作となった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第1巻」(松山市、1992年)、130頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨
NO.
愛媛3517

よく似た災害

寛永19年の長雨

寛永19年(1642)夏、長雨が続き、全国的に不作となった。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等による) 続きを読む

天明元年~2年の長雨

天明元年(1781)~2年(1782)、春から夏にかけて長雨が続き、水害と不作により、奉行所に御救米を願い出る状況となった。(三原郷大庄屋日記による)... 続きを読む

文政6年の干ばつ

文政6年(1823)3月から7月まで日照りが続き、農作物が不作となった。(「越智嶋旧記」による) 続きを読む

天保4年の長雨

天保4年(1833)、長雨が降り続き、その上害虫が発生して稲作と雑穀は収穫皆無となった。 続きを読む

昭和21年の長雨

昭和21年(1946)6月~7月、多雨が続き、日照不足は5月~6月に顕著であった。このため、麦作はかなりの減収となった。 続きを読む