明治13年の大火

災害年月日
1880年11月16日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
火災  
概要
明治13年(1880)11月16日、魚町三丁目より出火、類焼10軒、死傷6人。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第3巻」(松山市、1995年)、222-223頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大火 魚町
NO.
愛媛3575

よく似た災害

明治13年の大火

明治13年(1880)11月16日、魚町三丁目より出火、類焼103軒、死傷6人。(「松山叢談」による) 続きを読む

寛政2年の火災

寛政2年(1790)8月21日夜、魚棚三丁目より出火して、魚棚三丁目及び本町三丁目で24軒が類焼した。 続きを読む

享保5年の大火

享保5年(1720)4月28日午前6時前、室屋町三丁目より出火、三丁目、四丁目の100間余焼失。80軒余に被害。(「永頼見聞録」による) 続きを読む

明治42年の火災

明治42年(1909)11月30日、新市町下一丁目より出火し、西風により南新町4丁目まで焼け、144軒が焼失した。(「高知市史」による) 続きを読む

明治38年の火災

明治38年(1905)10月2日午前3時30分頃、徳島市大字通町3丁目より出火、西風により付近一帯に延焼し、住家、非住家合計97戸を焼失し、午前7時3... 続きを読む