弘化3年の風雨

災害年月日
1846年08月30日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
弘化3年(1846)7月9日及び18日、大風雨により、樹木が倒れ、松山藩の侍邸・民屋が破損し、死者男女14人。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
郷編集委員会編「たちばなの郷」(松山市立たちばな小学校ほか、2003年)、45-46頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 死者
NO.
愛媛4018

よく似た災害

弘化3年の風雨

弘化3年(1846)7月9日及び18日の大風雨により、樹木倒れ、侍邸、民家破損し、死者14人。(「松山叢談」による) 続きを読む

弘化3年の風雨

弘化3年(1846)7月9日、松山領で大風雨のため、死者14人、侍邸、民屋破損。 続きを読む

弘化3年の風雨

弘化3年(1846)7月9日、松山領で大風雨により、重信川・石手川では死者14人、民家破損の被害が出た。(「松山工事事務所40周年記念誌」による) 続きを読む

弘化4年の風雨

弘化4年(1847)7月14日明け方の大雨風により、地蔵原の道や川堤、下川原横堤、株屋敷川堤、平池などが破損し、田地2町が砂入りの被害を受けた。(安藤... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日夜半、大地震が起こり、家屋が倒れ、道路が破損し、鳥居や石灯籠等が倒れた。氷上の堀切池の堤防が下の方で50~60m程東... 続きを読む