明治18年の洪水

災害年月日
1885年07月01日
市町村
愛媛県東温市(重信町)
災害種類
風水害  
概要
明治18年(1885)7月1日、連日の豪雨により横河原の堤防が決壊し、洪水が人家を流し、田畑を潰した。これほどの洪水は数十年来稀有のことであった。(見奈良の「相原日記」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
重信町誌編纂委員会編「重信町誌」(重信町、1975年)、44頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 重信川 横河原 堤防決壊 相原日記
NO.
愛媛4047

よく似た災害

明治18年の洪水

明治18年(1885)7月1日、連日の豪雨により横河原の堤防が決壊し、洪水が人家を流し、田畑を潰した。これほどの洪水は数十年来稀有のことであった。(見... 続きを読む

明治29年の風雨

明治29年(1896)8月18日午前3時頃、一昨日からの雨に加えて東風起こり、午前8時過ぎより風向きを南に変え、やがて西向きとなり、風雨が激しくなった... 続きを読む

明治29年の風雨

明治29年(1896)8月18日午前3時頃、一昨日からの雨に加えて東風起こり、午前8時過ぎより風向きを南に変え、やがて西向きとなり、風雨が激しくなった... 続きを読む

明治19年の洪水

明治19年(1886)10月、北方(川内町)の堤防決壊し、惨状を呈した。このため、横河原は危機を脱した。(見奈良の「相原日記」による) 続きを読む

明治19年の洪水

明治19年(1886)10月、北方(川内町)の堤防決壊し、惨状を呈した。このため、横河原は危機を脱した。(見奈良の「相原日記」による) 続きを読む