大正12年の洪水

災害年月日
1923年06月15日
市町村
愛媛県東温市(重信町)
災害種類
風水害  
概要
大正12年(1923)6月15日より雨降り続き、諸川で出水。23日には晴れるが、7月に入りまた霖雨となり、時には落雷、豪雨により、田、川、平原の区別なく濁水が氾濫した。7月11日には、小野川の80歳の老人が未曾有と語るほどの出水となり、小野川橋が破損して鉄道が遮断された。12日には拝志村下林開発の重信川堤防と川上村南方八幡堤防などが決壊し、鉄道が破損して汽車が不通となった。温泉郡内では、小野村の被害が最大である。(見奈良の「相原日記」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
重信町誌編纂委員会編「重信町誌」(重信町、1975年)、46頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
重信川 小野川橋 堤防決壊 鉄道不通 相原日記
NO.
愛媛4057

よく似た災害

大正12年の洪水

大正12年(1923)6月15日より雨降り続き、諸川で出水。23日には晴れるが、7月に入りまた霖雨となり、時には落雷、豪雨により、田、川、平原の区別な... 続きを読む

大正12年の洪水

大正12年(1923)7月11日の洪水では、「7月11日は特に甚しく小野川は未曾有の出水にして、小野川橋が破損して鉄道遮断。12日には拝志村下林開発の... 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)9月8日午後2時頃、吉野川の増水で脇町の堤防35mが破損した。この時の豪雨で、曽江山でも堤防360mが損壊、拝原の道路30mが破... 続きを読む

大正12年の洪水

大正12年(1923)7月11日、大雨による小野川・重信川の出水により、余土・市坪・石井の堤防が決壊し、大水害を被った。(「松山工事事務所40周年記念... 続きを読む

大正12年の洪水

大正12年(1923)7月11日、前線のため、小野川と重信川で出水、余土、市坪、石井で堤防決壊、大水害を被った。(重信川水系の主な災害による) 続きを読む