昭和20年の阿久根台風

災害年月日
1945年10月10日
市町村
愛媛県東温市(重信町)
災害種類
風水害  
概要
昭和20年(1945)10月10日、鹿児島県阿久根に上陸した台風は、瀬戸内海を斜断して山陰沖に出た雨台風であった。松山測候所によると、10日には7日以来の総雨量が308ミリに達していた。重信川は、昭和18年7月水害により決壊した堤防の復旧中であり、復旧工事中の拝志堤防は3箇所で決壊した。原因は豪雨による大出水であるが、戦時中の山林伐採による荒廃も異常出水を招いた。被害は、耕地の流失埋没719町、家屋浸水11,000戸に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
重信町誌編纂委員会編「重信町誌」(重信町、1975年)、48-49頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
阿久根台風 重信川 堤防決壊 拝志 山林伐採
NO.
愛媛4059

よく似た災害

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日、鹿児島県阿久根に上陸した台風は、瀬戸内海を斜断して山陰沖に出た雨台風であった。松山測候所によると、10日には7日以... 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日、阿久根台風により、重信川の堤防が3箇所決壊した。昭和18年の台風により決壊し、復旧中であった下林の堤防は、被害がさ... 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日、阿久根台風により、重信川の堤防は各所で決壊した。上高柳でも内土手を含めて3箇所で決壊し、川原と化した。 この後、重... 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月9日、阿久根台風が九州南端に上陸、松山、広島を通過し、日本海に抜けた。総雨量は308ミリを記録し、出合橋の水位は10日に5... 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月7日から10日にかけて、阿久根台風による総雨量は308ミリに達した。枕崎台風で弛緩していた堤防が阿久根台風時に各所で決壊し... 続きを読む