昭和38年の大雪

災害年月日
1963年01月09日
市町村
愛媛県東温市(川内町)
災害種類
雪害  
概要
昭和38年(1963)1月9日、年末来の雪は平地部でも20cmの積雪となった。通学困難で臨時休校した学校もあった。約1ヶ月間は交通機関が途絶し、2月中旬になって雪の世界から解放されることになった。近年まれにみる長い大雪で、農作物にも、山林立木にも多大の被害があった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川内町編「続 川内町誌」(川内町、1968年)、16頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪 臨時休校
NO.
愛媛4101

よく似た災害

昭和25年のキジア台風

昭和25年(1950)9月13日、キジア台風が襲来した。ジェーン台風から10日後のことであり、横瀬町と生比奈村の台風被害は倍加されることになった。 続きを読む

大正13年の干ばつ

大正13年(1924)7月中旬から9月中旬まで50日余日照りが続き、渇水のため上水道の時間断水が行われた。香川郡役所は、稲田干ばつに対する注意事項を関... 続きを読む

天明7年の洪水

天明7年(1787)の洪水は、徳島地方だけでなく、香川県、愛媛県にも災害の記録が残っているほど広域的なものであり、那賀川流域での作物、家屋、人畜の被害... 続きを読む

昭和30年の大雪

昭和30年(1955)12月中旬から翌年3月上旬にかけての降雪により、越知以北の路面から2ヶ月以上にわたり雪が消えることなく、佐川付近でも蔭地の雪はそ... 続きを読む

昭和41年の地すべり

昭和41年(1966)5月21日~22日の集中豪雨により、23日午前6時過ぎに大豊町小川で大規模な山崩れがあり、国道32号と土讃線が不通になった。この... 続きを読む