明治17年の高波

災害年月日
1884年00月00日
市町村
愛媛県伊予市(双海町)
災害種類
風水害  
概要
明治17年(1884)、津波により、海岸一帯の岸壁、家屋が洗い流され、被害甚大であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
双海町編「双海町誌」(双海町、1971年)、16頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
高波
NO.
愛媛4536

よく似た災害

明治17年の高波

明治17年(1884)、大津波が発生し、海岸一帯の岸壁や家屋を押し流す大惨事となった。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、台風により、最大風速52mを記録した。倒伏家屋も多く、被害甚大であった。 続きを読む

明治37年の高波

明治37年(1904)9月16日午後9時半頃から激浪が来襲し、津呂村と佐喜浜村に被害をもたらした。被害は、津呂村津呂で家屋17戸、死者4名、負傷19名... 続きを読む

明治15年の洪水

明治15年(1872)8月6日、出水により、特に中島方面の被害は甚大であった。湊屋前の堤防が決壊し、家屋が倒壊して死者が出た。 続きを読む

明治26年の台風

明治26年(1893)10月14日、台風により、東予、中予の被害が甚大で、明治期で最大の災害であった。宮窪町では大川流域の田畑の被害は多大であった。 続きを読む