昭和8年の高波

災害年月日
1933年09月00日
市町村
愛媛県伊予市(双海町)
災害種類
風水害  
概要
昭和8年(1933)9月、津波により、双海町では海岸被害により多数の流失家屋を出し、護岸は壊滅に近い状態になった。旧下灘村の被害は、家屋の流失12戸、半潰21戸、護岸の破損777mに及んだ。天皇陛下より、見舞金が下賜された。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
双海町編「双海町誌」(双海町、1971年)、17頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
高波 下灘
NO.
愛媛4538

よく似た災害

昭和8年の高波

昭和8年(1933)9月、愛媛県の海岸一帯を襲う津波が発生し、双海地域でも海岸被害により多数の流失家屋を出し、護岸は壊滅に近い状態になった。下灘村の被... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)8月、暴風雨により、各河川の堤防が破られ、人家、田畑を押し流され、被害は甚大であった。旧下灘村の被害は、家屋の流失12戸、半潰1... 続きを読む

明治30年の洪水

明治30年(1897)9月29日夜、池田町で大洪水があり、溺死者8人、橋の流失2箇所、破損2箇所、家屋の破損41戸、流失5戸、浸水42戸、床下浸水2戸... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)8月、暴風雨により、各河川の堤防が決壊し、人家や田畑が流出するなど被害は甚大であった。下灘村の被害は、家屋の流失12戸、半壊13... 続きを読む

明治25年の高波

明治25年(1892)7月23日午前5時頃、海嘯が襲来し、護岸の堤防を越えた。西部の榎瀬・中島両村や鈴江、別宮では一時の浸水にとどまったが、東に向かう... 続きを読む