大正6年の豪雪

災害年月日
1917年02月00日
市町村
愛媛県西予市(野村町)
災害種類
雪害  
概要
大正6年(1917)2月、豪雪のため、薪に困り、櫓や古箪笥を燃料にする家もあった。(「中筋郷土誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
野村町誌編纂委員会編「野村町誌」(野村町、1997年)、50頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雪 中筋郷土誌
NO.
愛媛5035

よく似た災害

昭和15年の豪雪

昭和15年(1940)、豪雪により、中筋の平地で約100cm、惣川で150cmの積雪となり、学校は数日間臨時休校となった。(「野村町郷土誌」による) 続きを読む

昭和38年1月の豪雪

昭和38年(1963)1月11日~13日、豪雪のため、積雪は辻で25cm、井内で40cm、腕山で1mとなった。 続きを読む

昭和38年の豪雪

昭和38年(1963)1月9日、近年にない豪雪のため、交通機関が途絶した。(「内子町のあゆみ」による) 続きを読む

昭和43年の豪雪

昭和43年(1968)2月14日~15日、17年ぶりの豪雪のため、15日は午前中の授業、16日は臨時休校となった。積雪は辻で20cmで、徳島本線は不通... 続きを読む

昭和38年の豪雪

昭和38年(1963)1月、豪雪及び低温。全国的な豪雪で三八豪雪と言われた。夏柑等の被害額が7,000万円にのぼり、天災融資法の適用を受けた。(「伊方... 続きを読む