平成2年の台風14号

災害年月日
1990年08月22日
市町村
愛媛県西予市(宇和町)
災害種類
風水害  
概要
平成2年(1990)8月22日、台風14号が愛媛県を直撃し、宇和町では正午から1時間で63ミリの豪雨を記録した。農作物などの被害は2億円を超えた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宇和町誌編纂委員会編「宇和町誌 Ⅱ」(宇和町、2001年)、310頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
愛媛5069

よく似た災害

昭和42年8月の干ばつ

昭和42年(1967)8月、33年ぶりの干害被害が出て、農作物などの被害総額は250億円を超えた。 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月、台風5号により、吾川郡で最大時間雨量133ミリ、連続雨量819ミリの豪雨を記録した。このため、斜面崩壊、土石流が発生し、被... 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月17日、台風5号が宿毛市に上陸し、県下全域に被害をもたらした。被害額は650億円を超えた。 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月27日、台風17号により、県下の被害総額は550億円を超えた。三崎町でも被害が大きかった。 続きを読む

昭和40年の台風24号

昭和40年(1965)9月10日の台風24号と13日以来の豪雨(300~600ミリ)により、各地で水害が発生し、死者3人、負傷者7人、家屋の全壊50戸... 続きを読む