明治20年の台風

災害年月日
1887年00月00日
市町村
愛媛県八幡浜市
災害種類
風水害  
概要
明治20年(1887)、大暴風雨により、家屋・舟多く流失。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
八幡浜市誌編纂会編「八幡浜市誌」(八幡浜市誌編纂会、1975年)、76頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
愛媛5074

よく似た災害

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日、大暴風雨により、県下で死者140人、家屋の流失・倒壊7,850戸。 続きを読む

明治38年の台風

明治38年(1905)8月28日、大暴風雨により、家屋の倒壊多し。 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)9月10日、大暴風雨により、家屋の倒壊、巨木の倒木も多く、山は枯枝の葉で赤く見えたという。 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月26日、大暴風雨により、吉野川、祖谷川及び村内各谷川は大洪水となり、家屋の流失、倒壊が多数出た。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月22日、大暴風雨により、三好郡内では倒壊家屋が多かった。 続きを読む