文久3年の洪水

災害年月日
1863年00月00日
市町村
愛媛県八幡浜市
災害種類
風水害  
概要
文久3年(1863)秋、八幡浜浦の宮ノ下及び下道、新地で三度の洪水。(「龍山公記」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
八幡浜市誌編纂会編「八幡浜市誌」(八幡浜市誌編纂会、1987年)、38頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 八幡浜浦 龍山公記
NO.
愛媛5085

よく似た災害

文久2年閏8月の洪水

文久2年(1862)閏8月11日夜、仁淀川に数種の物流れ来たり。嘉永2年(1949)以来の洪水。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む

文久2年の洪水

文久2年(1862)閏8月11日、風水、仁淀川洪水。 続きを読む

文久2年の洪水

文久2年(1862)閏8月11日、風水、仁淀川洪水。 続きを読む

文久2年の洪水

文久2年(1862)8月11日、大洪水のため、雁切橋(紅葉橋)が流失した。 続きを読む

文久3年の洪水

文久3年(1863)8月12日夜、出水。板東の谷川は非常の増水となり、堤防の決壊・破損は30余箇所に及び、延長600余間。(「板野郡誌」による) 続きを読む