享和2年の洪水

災害年月日
1802年09月02日
市町村
愛媛県八幡浜市(保内町)
災害種類
風水害  
概要
享和2年(1802)8月6日、洪水により、損耗34,588石。米価高騰。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
保内町誌編纂委員会編「改訂版 保内町誌」(保内町、1999年)、36頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水
NO.
愛媛5124

よく似た災害

享和元年の風雨

享和元年(1801)8月19日、風雨、増水により、損耗20,795石。(「宇和島藩記録」等による) 続きを読む

明治22年の長雨

明治22年(1889)、多雨により、米凶作、米価高騰。 続きを読む

享和元年の風雨

享和元年(1801)8月19日、風雨、増水により、損耗20,759石。(「日本気象資料(東宇和郡沿革史)」による) 続きを読む

享和2年の洪水

享和2年(1802)8月6日、洪水、損毛8万5千石許、米価騰貴、酒造半減を命ず。(「宇和島覚書」による) 続きを読む

天明7年の洪水

天明7年(1787)、大洪水のため飢饉となった。米価高騰、減収により難渋を極めた。(「田野村誌」等による) 続きを読む