明治23年の台風

災害年月日
1890年09月11日
市町村
愛媛県八幡浜市(保内町)
災害種類
風水害  
概要
明治23年(1890)9月11日、台風が九州南部を通過し、三崎半島に上陸し、東に進み、香川県に入り北上して日本海に去った。(「愛媛県史概説」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
保内町誌編纂委員会編「改訂版 保内町誌」(保内町、1999年)、36頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 愛媛県誌概説
NO.
愛媛5129

よく似た災害

明治23年の台風

明治23年(1890)9月11日、台風が九州南部を通過し、三崎半島に上陸し、東に進み、香川県に入り北上して日本海に去った。(「愛媛県史概説」による) 続きを読む

明治23年の台風

明治23年(1890)9月11日、台風は九州南東部を通過し、三崎半島に上陸し、東に進み、香川県に入り、北上して日本海に去った。(「愛媛県史概説」による... 続きを読む

明治40年の台風

明治40年(1907)7月18日午後、台風は四国西部を横切り、内海に入り、19日対馬海峡に入った。(「愛媛県史概説」による) 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日朝、台風は奄美大島の東南東より北東に転向し、高知、愛媛、香川を荒らし、中国地方を経て、29日に日本海に出た。新居郡国領... 続きを読む

明治24年の台風

明治24年(1891)8月16日、台風が土佐から香川へ進み、宇摩郡に被害が多かった。(「愛媛県史概説下巻」による) 続きを読む