昭和26年の豪雨

災害年月日
1951年07月12日
市町村
愛媛県八幡浜市(保内町)
災害種類
風水害  
概要
昭和26年(1951)7月12日から15日にかけて梅雨前線の活動が特に活発になり、強い雨が続き県下全般に大水害を受けた。(「愛媛県史概説」による)宮内村では、14日に宮内川のあけぼの寮付近の堤防が決壊寸前となり、消防団員が警戒に当たる。(「宮内村日誌」による)伊方観測所では総降水量297.2ミリを記録した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
保内町誌編纂委員会編「改訂版 保内町誌」(保内町、1999年)、47-48頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
梅雨前線 豪雨 宮内川 宮内村
NO.
愛媛5159

よく似た災害

昭和26年の豪雨

昭和26年(1951)7月12日から15日にかけて、梅雨前線が特に活発になり、強雨が続き、県下全般に大水害を受けた。(「愛媛県史概説」による)宮内村で... 続きを読む

昭和38年の豪雨

昭和38年(1963)6月3日夜から4日朝にかけて、南方海上を通過した台風2号により梅雨前線が刺激され、豪雨となった。被害は南国市北部を中心に床下浸水... 続きを読む

昭和28年の豪雨

昭和28年(1953)6月25日に梅雨前線が活発になり、26日にかけて豪雨となった。27日やや小降りとなったが、28日午後から再び大雨となり近年稀な被... 続きを読む

昭和28年の豪雨

昭和28年(1953)6月25日に梅雨前線が活発になり、26日にかけて豪雨となった。27日やや小降りとなったが、28日午後から再び大雨となり近年稀な被... 続きを読む

昭和28年の台風13号

昭和28年(1953)9月25日、26日、台風13号により、津田川の水が宮内橋の西で堤防を越えて西北に流れ、また鴨部川東堤防からあふれた水が南流して合... 続きを読む