明治24年の台風

災害年月日
1891年09月14日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
風水害  
概要
明治24年(1891)9月14日、台風は九州の西部を経て、北東に進み、日本海に去った。県下では南よりの風が吹き、南予では風水害が大きかったと考えられるが、被害状況は不詳である。(「愛媛県概説」による)14日の宇和島の降水量222ミリ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌編集委員会編「伊方町誌」(伊方町、1968年)、27頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 愛媛県史概説
NO.
愛媛5247

よく似た災害

明治24年の台風

明治24年(1891)9月14日、台風により、南予で風水害が大きかったと考えられるが、被害状況は不詳。(「愛媛県史概説」等による) 続きを読む

昭和33年1月の強風・波浪

昭和33年(1958)1月26日、小松島港を出発した紀阿航路定期船の南海丸が沼島の南東方で沈没し、乗客139人、船員28人全員が遭難した。当時の海上の... 続きを読む

昭和33年1月の強風・波浪

昭和33年(1958)1月26日、小松島港を出発した紀阿航路定期船の南海丸が沼島の南東方で沈没し、乗客139人、船員28人全員が遭難した。当時の海上の... 続きを読む

明治31年の台風

明治31年(1898)8月29日及び9月2日、台風が相次いで九州南部より愛媛県を通り、北東に去った。南予の総降水量は200ミリから400ミリで、被害が... 続きを読む

昭和39年の台風20号

昭和39年(1964)9月25日、台風20号により、多少なりとも被害を受けていたと思われるが、被害状況は不明。 続きを読む