明治27年の台風

災害年月日
1894年09月11日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
風水害  
概要
明治27年(1894)9月11日、台風は3時には宮崎を、9時には松山を経て、北東に去った。(「愛媛県誌稿」による)松山の総降水量175ミリ。九町漁港大防止破壊。(「町見郷土誌」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌編集委員会編「伊方町誌」(伊方町、1968年)、27頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 愛媛県誌 町見郷土誌
NO.
愛媛5249

よく似た災害

明治27年の台風

明治27年(1894)9月11日、台風により、松山の最大風速11.7m、丸町漁港の大波止破壊。(「町見郷土誌」による) 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)6月25日~8月4日、大干ばつで、松山の降水量は41日間で20ミリであった。明治24年、25年、26年と干ばつが打ち続き、赤痢流... 続きを読む

明治30年の台風

明治30年(1897)9月29日、台風は九州南西沖より九州北部を横断して、東進して大阪方面に去った。県下全般に降水量150ミリ以上。(「愛媛県史概説」... 続きを読む

明治30年の台風

明治30年(1897)9月29日、台風により、松山で最大風速52m、松山の総降水量153ミリ、(「愛媛県史概説」等による) 続きを読む

明治14年の台風

明治14年(1881)7月14日、大波、大風雨にて漁船破壊、いりこせいろ200枚流出。(「町見郷土誌」による) 続きを読む