明治31年の台風

災害年月日
1898年08月29日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
風水害  
概要
明治31年(1898)8月29日及び9月2日、台風が相次いで九州南部より愛媛県を通り、北東に去った。南予の総降水量は200ミリから400ミリで、被害があったと考えられるが、詳細は不明である。(「愛媛県史概説」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌編集委員会編「伊方町誌」(伊方町、1968年)、28頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 愛媛県史概説
NO.
愛媛5253

よく似た災害

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)7月26日~8月31日、大干ばつにより、県下の降水量は微量で、水不足のため稲作及び農作物等に甚大な被害があった。松山では37日間... 続きを読む

明治28年の台風

明治28年(1895)8月25日、台風は九州西部を北上し、日本海に去った。南予に風水害があった。(「愛媛県誌稿」による)宇和島の総降水量210ミリ。 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)7月26日~8月31日、大干ばつで、稲作及び農作物などに甚大な被害があった。松山の降水量は37日間で16ミリであった。 続きを読む

昭和47年の台風20号

昭和47年(1972)9月16日18時半頃、台風20号が紀伊半島に上陸し、富山港に抜けた。徳島の最大瞬間風速は西北西31.6m/秒であった。総降水量は... 続きを読む

昭和47年の台風20号

昭和47年(1972)9月16日18時半頃、台風20号が紀伊半島に上陸し、富山港に抜けた。徳島の最大瞬間風速は西北西31.6m/秒であった。総降水量は... 続きを読む